ボッテガヴェネタ

30代女性に大人気のブランドボッテガヴェネタ。黄色が特徴的でしょうか、比較的黄色カラーのアイテムが多いです。

価格帯は結構お高めでトートバッグではなんと891000円もします。イヤリングでも41800円と高額で買取に期待が持てそうなブランドです。

メンズもあるようですが基本的には女性に人気のブランドのようです。

バッグや小物、洋服にブーツなど多彩なアイテムを展開しているブランドです。一度査定してみたいものです。

以下解説サイト引用

ここでは、BOTTEGA VENETA ボッテガ・ヴェネタの歴史を解説していきます。
ボッテガは、1966年にイタリアのヴィチェンツァでミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロの夫妻によって設立されたブランドです。

「BOTTEGA=工房」という意味があり、ヴェネタの工房と名付けられたブランドは、イタリア伝統的な手作業によって最高品質の革製品を作ることを目的にされました。

創業当初からその高い品質に評価が集まり、イタリアの上流階級の間で信頼と実績を積み重ねていきました。

ボッテガの代名詞といえば、現在でも続く伝統技法「intrecciato(イントレチャート)」。
革を編み込んだこの有名なデザインが、ボッテガの技術を象徴しているのです。
革があまりにも滑らかで、その質感はまるで「シルクのようだ」と表現されるほどでした。

ただ、どれだけ技術力が高く、いいモノを作っていたとしてもそれが知られることがなければ、ブランドとしての発展はありません。

転機は2001年、グッチグループによって買収されたのです。
この当時はちょうどラグジュアリーブランドの買収合戦のようなものが繰り広げられ、グッチグループはPPR(現ケリング)と手を組んでルイ・ヴィトンを擁するLVMHやプラダグループなどと覇権を争っていました。

グッチグループによってイヴ・サンローランを筆頭にセルジオ・ロッシやアレキサンダー・マックイーン、そして同じ年にはバレンシアガやステラ・マッカートニーなども買収されていたのです。

この時グッチグループを率いていたのは、ドメニコ・デ・ソーレとデザイナーのトム・フォード。
この2人の活躍によってグッチがどん底から再生をしていた時で、ボッテガはデ・ソーレによってその技術力を見初めらたといったところでしょう。

この買収を転機にして、高い伝統技術を持ちながらも細々と活動を続けていたボッテガ・ヴェネタが一躍世界の脚光を浴びていくことになります。

グッチグループによって買収されたボッテガに送り込まれたのが、エルメスやソニア・リキエルで活躍したデザイナー トーマス・マイヤー。
この後15年以上もボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターを務めることになるスターデザイナーの誕生だったのです。

マイヤーの行ったことは、ボッテガ・ヴェネタがこれまで磨いていきた最高の職人技、イタリアでいうところのアルチザンを活かすということでした。
ボッテガの職人たちは細部に至るまで強いこだわりを持ち、厳しい目で最高の品質のレザーアイテムを作ることができる稀有な人材だったので、マイヤーとの強いリレーションシップによってより良いものを生み出すことができました。

いいものを持っているけど、なかなかそれを活かしきれなかったボッテガですが、マイヤーのもつ先進的なスタイルと融合することによって大きく化けたのです。

グッチグループの持つ巨大資本によるマーケティング力とトーマス・マイヤーのもつ類まれなるディレクションによってボッテガ・ヴェネタは世界的な人気ブランドへと駆け上がって行きました。

今でもボッテガというとイントレチャートのイメージが強いですが、グッチグループの傘下となった2000年代以降ボッテガは総合ファッションブランドとしての展開を進めていきます。

2004年にグッチがPPRの参加に入ってからは、実質の支配がグッチではなくPPR(現ケリング)となり、バッグやレザーグッズ、プレタポルテ以外にもジュエリー・アクセサリー、時計、インテリアの領域にまでその活動範囲を広げており、2011年にはライセンス契約での香水の取り扱いも開始しています。

現在では、ヨーロッパから北米、アジア、もちろん日本も含め世界中に店舗を展開し、販売を行っています。

1966年創業というラグジュアリーブランドの中では比較的若いブランドではあるのですが、高い技術力と優れた才能、そしてグッチグループによる買収という転機にも恵まれ、世界最高峰のレザーブランドとしての地位を確立したのです。

ボッテガ・ヴェネタを世界的なブランドへと躍進させたトーマス・マイヤーが17年間も務めたクリエイティブ・ディレクターを退任したのが2018年。

後任として大抜擢されたのが、若干32歳という若さでありながらセリーヌでレディ・トゥ・ウェア部門のディレクターを務め、ファービー・ファイロの右腕と呼ばれていたダニエル・リーでした。

セリーヌ以前にもメゾン・マルジェラやバレンシアガなど今を時めくビッグメゾンで経験を積んできた若者がどのようなコレクションを発表し、50年以上の歴史を持ち、世界的なビッグブランドとなったボッテガをどのように導いていくのかとても注目が集まりました。

最初のコレクションはショーではなく展示会形式。
これにはダニエル・リーの強い想いが込められており、ボッテガ・ヴェネタのワードローブとは何かを明示し、服そのものが持つリアルな存在感を、デザインを通して伝えたかったということだ。
これはレディ・トゥ・ウェアデザイナーだったダニエル・リーらしい解釈で、トータルブランド化したとはいえ、まだまだレザーアイテムが中心だったボッテガに新しい風を吹き込んだ。

もちろんレザーアイテムも随所に見られ、マクロサイズのイントレチャートなどメゾンを代表するアイコンを再解釈し、新生ボッテガ・ヴェネタを強烈に印象付けました。

ラグジュアリーブランドはデザイナーの交代劇によって大きくブランドの持つイメージも、方向性も変わってきます。
若くフレッシュなデザイナーによるボッテガ・ヴェネタは今後も期待されます。